• アメリカの小学校では絵本で英語を教えている

アメリカの小学校では絵本で英語を教えている

英語が話せない子どものための英語習得プログラム ガイデッド・リーディング編

  • リーパー・すみ子[著] /上原 恵里子[画]
  • 定価1,900円+税
  • B5変 224ページ 並製
  • ISBN 4-7705-0207-9 C0082
  • 奥付の初版発行年月●2011年01月

●内容紹介

●紹介
 英語を話せない・書けない・読めない移民の子どもたちに、どうやって英語を教えるのか。アメリカの小学校で、長年、教師としてその問題と向き合ってきた著者が、日本の子どもたちのために書き下ろした英語習得法。
──メキシコ移民であふれるアメリカ、ニュー・メキシコ州。普段はスペイン語を使っている移民の子どもたちは、なかなか英語に馴染むことができない。そんな子どもたちを、英語で考え、英語で自分の意見を言えるような大人に育てるため、アメリカでは多くの試行錯誤が重ねられている。
 そのようなアメリカで成功を収める、英語名作絵本を使った英語習得法「ガイデッド・リーディング」。本書は、その指導法を実際の絵本を引きつつ具体的に紹介。子どもに英語を教えるすべての人にとっての必読書です。

●目次

  1. はじめに
  2. ガイデッド・リーディングってなに?
  3. ガイデッド・リーディングのステップ紹介
  4. ガイデッド・リーディングのグループ構成について
  5. どんな本を選んだらよいでしょうか
  6. 読むときには3つのキュー(指示)システムを使ってみよう
  7. アルファベットの読み方
  8. 1. 民族が異なる子ども同士の、たった34語の友情物語
  9. Yo! Yes?
  10. 2. やさしい英語絵本からアメリカ文化をたっぷり
  11. No, David!
  12. 3. リズムあふれるライミング絵本は英語耳を育てます
  13. Goodnight Moon
  14. 4. 自尊心について明るく考える絵本
  15. I Like Me!
  16. 5. 信じることの大切さを教えてくれる絵本
  17. The Carrot Seed
  18. ガイデッド・リーディングに適した本のリスト
  19. 巻末資料

●著者プロフィール

リーパー・すみ子
アメリカ在住。成城大学文芸学部国文科卒業。外国商社に勤務し、米国人秘書を務める。コピーライターとしての業務を経験後、米国留学。アイオワ州立大学大学院ジャーナリズム学部修士課程卒業。ニューメキシコ大学教育学部で図書館学コースを修了。1983年、ニューメキシコ州教員免許を取得し、ニューメキシコ州アルバカーキー市の公立小学校に図書館司書として20年間勤務した後、リタイヤ。時折来日して、アメリカの英語教育を紹介している。 著書:『ライブラリアン奮闘記』(径書房1996年)/『えほんで楽しむ英語の世界』(一声社2003年)/『アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている』(径書房2008年)