フクシマ事故と東京オリンピック【7ヵ国語対応】 The disaster in Fukushima and the 2020 Tokyo Olympics

【7ヵ国語対応】フクシマ事故と東京オリンピック

The disaster in Fukushima and the 2020 Tokyo Olympics
真実から目を逸らすことは犯罪である。

  • 小出 裕章 [著]
  • 定価1600円+税
  • 四六判 152ページ 並製
  • 978-4-7705-0228-5
  • 奥付の初版発行年月●2019年12月

●内容紹介

【7ヵ国語の訳文掲載】… <続きを読む>

 池上 彰[著]

池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言

池上彰が読む小泉元首相の「原発ゼロ」宣言

  • 池上彰[著]
  • 定価1,400円+税
  • 四六判 ページ 並製
  • ISBN 4-7705-0220-6 C0095
  • 奥付の初版発行年月●2013年12月

●内容紹介

テレビ、新聞で報道され大きな話題となっている小泉元首相の「原発ゼロ」発言。保守本流、原発推進であるはずの自民党元党首がなぜ、いま、「原発ゼロ」なのか?… <続きを読む>

白い罪

白い罪

公民権運動はなぜ敗北したか

  • シェルビー・スティール[著] /藤永 康政[訳]
  • 定価2,500円+税
  • 四六判 240ページ 上製
  • ISBN 4-7705-0209-5 C0098
  • 奥付の初版発行年月●2011年04月

●内容紹介

●紹介
『黒い憂鬱』で注目された著者が、公民権運動、新旧左翼運動、戦後民主主義を総括する重要な論点を提示。公民権運動を敗北へ導いたのは誰か。… <続きを読む>

近代哲学再考

近代哲学再考

「ほんとう」とは何か・自由論

  • 竹田 青嗣[著]
  • 定価2,100円+税
  • 四六判 272ページ 上製
  • ISBN 4-7705-0184-6 C0010
  • 奥付の初版発行年月●2004年01月

●内容紹介

【「自由」に苦しむ私たちに示される最も大きな解答】現代哲学は「自由の自覚=“ほんとう”への欲望」を省みず、混迷する社会に断片的な解答しか与えることができない「価値相対主義」に… <続きを読む>

民主主義

民主主義

民主主義

  • 文部省[著]
  • 定価2,000円+税
  • 四六判 382ページ 上製
  • ISBN 4-7705-0144-7 C0036
  • 奥付の初版発行年月●1995年08月

●内容紹介

高橋源一郎さんが「論壇時評」(4/30朝日新聞)にて、『民主主義』を紹介!戦後まもなく文部省が作った過激な教科書。「民主主義は、単なる政治思想ではなく、私たちのこころの中にある」… <続きを読む>